80年以上も前にひとりの先駆者が始めたデンマン・ブランドは、
今日でも美容業界のリーダー的存在です。

それは、ニューヨークへ旅行中のことでした。北アイルランド出身の若い起業家、ジョン・デンマン・ディーンは、革命的な新素材ナイロンを初めて手にしました。客室がいっぱいになるほどたくさん、この新素材を持ち帰り、終戦後ほどなくして、ナイロンをヘアブラシに使ってみることを思いつきました。創業したのは1938年のことで、1950年代までには、この革新的なヘアブラシが評判となり始めていました。しかし、デンマン・ブランドと「美容師のヘアブラシ」が確固たる地位を築くきっかけとなったのは、60年代にヴィダル・サスーンが巻き起こした美容業界の革命でした。デンマン D3 トラディショナル ブローブラシは、マリー・クヮントの代名詞となったアシメトリー(左右非対称)なボブスタイルのように、高度な技術を要したサスーンのヘアカットを創造するのに最適だったのです。

美容師がスーパースターとなる時代の幕開けでした。数十年に渡り有名美容師がそれぞれ独自のスタイルを作り上げてきましたが、皆、こぞって使っていたのはデンマンのヘアブラシでした。そして今でもこの事実は変わりません。ポール・スタッフォードやマーク・ウーリーを始めとする国際的な評価を得ているヘアアーティストが、今もデンマンブラシを使って、斬新で刺激的なスタイルを創造しています。

デンマンは、1972年にレイニー家に買収されました。新たな事業計画で極めて重視されたのが、ブランドと創造性豊かな美容師との密接な提携関係を継続することでした。デンマンは、世界中の影響力の高い美容師と仕事をしながら、今日のデンマンの製品ラインアップを構成する多彩なツールやブラシを数多く開発しました。デンマンは、今も家族経営で、北アイルランドのバンガーを拠点としており、理美容業界のプロたちとのコラボレーションを続けています。2019年10月に、デンマンは、新製品「パワーパドルブラシ」を発売しました(日本未発売);一流サロンおよびセッション・スタイリストと共同で開発した髪を乾かす時間を短縮するブラシです。デンマンの投資と開発への取り組みは、英国国内で広く評価されており、マックスウェル・レイニーは女王から、OBE(大英帝国勲章4等勲爵士、オフィサー)を、ジョン・レイニー博士はMBE(大英帝国勲章5等勲爵士、メンバー)を、授与されています。

2018年には、デンマン大使プログラムをさらに一歩進め、デンマン・グローバル・コレクティブを立ち上げました。グローバル・クリエイティブ・ディレクターのポール・スタッフォードが初めて率いるグローバル・コレクティブは、デンマン大使プログラムのメンバーを傘下に収め、メンバーの作品を共有し、創作活動をプロモーションしています。

グローバル・コレクティブは、世界中の才能あふれる美容師および理容師を集結して、その技術と創造性の高い表現力を世界の人々と共有することが目的です。これまでのところ、グローバル・コレクティブには、カナダ、オーストリア、イタリア、ルーマニア、フランス、スロベニア、フィリピン、オーストラリア、ポーランド、さらにカザフスタンからのメンバーが集まっています。 そしてもちろん、英国では、より多くのメンバーが定期的に加わっています。

グローバル・コレクティブのメンバーの作品を国際的な報道機関と共有し、デンマンのソーシャルメディア・ネットワーク(SNS)を通じて紹介しています。またそれにより、技術を披露するように声を掛けられるメンバーもいて、デンマン製品の創造性の高さをPRすることにも一役買っています。パンフレットには、オーストラリア人の美容師であるカテリーナ・ディ・バイセ、理容のエキスパートであるマイク・テイラー、ナチュラルヘアのスペシャリストであるジュニア・グリーン、そして新進気鋭の英国のスター、ブランドン・メッシンジャーらによる作品が収録されています。

デンマンにとって、プロダクトとプロフェッショナルとの相乗効果は、とりわけ重要です。デンマン・インターナショナル の責任者は次のように述べています。

「私たちは、確かに最高のブラシを生み出していますが、その創造性を生み出しているのは美容師です。ヘアアーティストが発想する既成概念を覆すようなビジョンや革新的手法には、いつも驚くばかりです。その創作過程で、デンマンがわずかながらも役に立っていることを誇りに思います」。

グローバルブランドであるデンマンは、60 カ国を超える国々で販売され、多くの美容師、理容師、そして美容業界のプロに愛用されています。新製品の絶え間ない開発と創作活動のサポートに取り組んでいるからこそ、デンマンが美容師のヘアブラシであり続けることができるのです。