The Denman
Footprint

豊かな地球を守るため、
デンマン社は環境保全に積極的に取り組んでいます

ヘアブラシの世界的なリーディングカンパニーであるデンマン社は、豊かな地球環境を守るために、廃棄物の削減、環境に配慮したビジネスの運営、プラスチックの責任ある使用を進めて参ります。加工しやすく形状が安定したプラスチックは、製造業には欠かせません。しかし、反面、短期間に使って捨てられるプラスチック廃棄物が海洋を始め多くの自然環境の汚染を引き起こし、豊かな地球の生態系を破壊しているのは、まぎれもない事実です。

問題は、プラスチックそのものではありません。私たちはプラスチックの使用方法を改善し、再利用を進めることで、プラスチックの使用と環境保全の両立を図ることが可能だと考えます。

例えば、デンマン製ヘアブラシとコームは、世界最高の品質基準で製造され、スタイリストの一生涯を共にする性能と耐久性があるといっても過言ではありません。

一方、パッケージに使用するようなプラスチックは、使い捨てされ、廃棄され、処分されることで地球環境に悪影響を及ぼします。デンマンは、使い捨てプラスチックの代替品を検討し、可能な場合はより良い材料に置き換えるか、完全に取り除くことで業界をリードしています。

数年前の取り組みにより、デンマン製品のパッケージに使用するプラスチックは徐々に減少し、2020年に入り、世界60か国以上の専門および小売市場に、完全にリサイクル可能なパッケージを発売しています。これにより、世界中で販売される膨大な数の製品から埋立地に行くプラスチックが大幅に削減される予定です。

プラスチック廃棄物の削減に取り組んでいるのは、パッケージだけではありません。英国北アイルランドにある自社工場では、廃棄物を大幅に削減し、スクラップ部品のリサイクルを増加させる生産方法とシステムを導入しています。
また、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の世界的流行により、エネルギーの消費のあり方も変わってきていますが、デンマンでは、それ以前から、飛行機を利用した出張よりも、ビデオ会議を多用することでビジネス慣行をより環境負荷の少ない形へと改善して参りました。

ジョン.F.レイニーMBE博士(会長)は、デンマン製品の生産において、廃棄物削減と環境への影響の軽減について同社が積極的な役割を果たしていることを誇りに思い、次のように述べています。
「プラスチックは素晴らしいリソースであり、多くの場合、私たちが日常生活で使用している製品や部品に代わるものがないという点でユニークです。一方、私たちがそれらをどのように扱い、使用し、処分するかについて、誰もが非難され、無頓着になっています。これはひどい汚染と野生生物への影響をもたらし、私たち全員が責任を負い、すべて恥じるべきです。私たちは皆、本当に素晴らしく豊かな地球に対し、より思いやりと敬意を払う必要があります。やるべきことはまだたくさんありますが、デンマンがリードしていることを誇りに思っています。」

 

100% 再生プラスチック素材パッケージへの変更について

より豊かな地球を守るため 環境への敬意を込めて~2020年9月10日に日本国内で新発売するパドル型ディタングルブラシ「D90L(ソフトピン)」と、パドル型クッションブラシ「D83」のパッケージには、再生紙と100%再生プラスチック素材が使用されています。
今後、製造するデンマンブラシのパッケージは、再生紙やリサイクルされたペットボトルから作られた100%再生プラスチック素材rPET※を用いた再生可能なパッケージに生まれ変わります。環境に考慮することで、理美容業界に新たな風を起こし続けることができる。そんな思いを込めています。
※rPETは廃棄されてペットボトルを粉砕し、再度繊維に加工する環境にやさしい再生可能素材です。